人生の最終目標|マンション買取をするヒント

女の人

ローン返済中の家を売る

貯金箱

売却には2つの方法がある

近年、不動産仲介業者の窓口で任意売却についての相談が増えているという話がよく聞かれます。任意売却とはマイホームを売却することをいいますが、通常のケースと異なるのは住宅ローンが完済していないという点です。つまり、売却代金をもって一括返済することを目的としているのです。住宅ローン返済中の住宅を売却する手段としては、他に競売という方法があります。競売の場合は裁判所の決定に基づいて競争入札の形で住宅が強制的に処分されます。この「強制」に対する「任意」が、任意売却の特徴です。任意売却を行う際、所有者はまず住宅ローンを扱っている金融機関や保証会社などの債権者と交渉を行います。そして協議がととのった後、仲介業者等を通じて買い手を探すことになります。

交渉次第で有利な条件も

任意売却が競売と大きく異なる点は、債権者との交渉によって売却の手順を決められることです。住宅明け渡しの時期や引っ越し費用の捻出、売却代金だけでは住宅ローンが完済できなかった場合の残債の取り扱いなどは、話し合い次第である程度融通を利かせることができます。また、総体的に見ると競売よりも任意売却の方が売却価格が高額になります。そのため、債権者側も任意売却を歓迎する傾向が見られます。とはいえ、一般の住宅所有者にとって金融のプロフェッショナルとの交渉はなかなか骨が折れるものです。そこで、最近ではこの交渉を代行する不動産業者やNPO法人が登場しており、人気を集めています。業者の中には交渉代行と買い手探しをセットで行っている者もいます。