人生の最終目標|マンション買取をするヒント

女の人

住宅ローンの滞納

コイン

不動産売買の解決

任意売却とはマイホームを購入する際、多くの人は住宅ローンを利用しますが、何らかの事情により支払いが困難になった所有者が債務を返済するために売却する物件のことです。マイホームを住宅ローンで購入する際、抵当権が設定され銀行に対してローンの借り入れが可能になります。すると住宅ローンの返済義務が発生する代わりにマイホームを購入することになります。ですがもし住宅ローンが3か月返済不能の場合、保証会社がローン残高を銀行に一括返済して弁済して、その後保証会社は立て替えたローンの回収代金を抵当権を行使します。そして競売物件として差し押さえが入り、住宅は裁判所に売却されてしまいます。この競売を避けるためにはマイホームを売却して返済する必要がありますが、債務超過でローン残高に満たないことが殆どです。このままだと自宅の売却が出来ず抵当権の解除は不可能です。

競売を避けるためには

競売になると市場価格より低い売却価格となり多額の残債が残ります。競売にかかるリスクは移転費用がもらえず、裁判所から公開されたり、残債の返済交渉が難しくなど挙げられます。ですが任意売却ならば債権者である銀行と相談して相場に近い売却価格が可能です。また任意売却によって残債が減少して、その後の返済も楽になります。移転費用も確保でき、プライバシーを守ることが出来ます。任意売却することで無理のない返済交渉が可能なので住宅ローンの返済に困っている方は、問題解決のため弁護士や専門の不動産屋などに相談するのがお勧めです。相談することによって毎月の返済額をその後の生活に無理のない範囲で、設定することが出来ます。専門家の無料相談などもあるので心配な方は利用してみるのもいいでしょう。